View-point

毎日の仕事のことや氣づきを。 ファッションのことも少し。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クラランスメン


クラランスから出ている男性用の美容液。

植物性セラムがひげの性質を柔らかくし、シェービングしやすい滑らかな肌質に導く。使い続けることでひげの成長を抑制する。

らしいです。

長く使い続けることでヒゲの根毛に作用してヒゲをやわらかくするそうです。
1週間ほど使いましたがどうでしょうか?


空港の免税店で購入したのですが今の時期いいですね円高で。
クラランスはどの国の免税店に行ってもだいたい売っているので揃えるのに苦労しません。

| ファッション | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
銀銀!久しぶりにニューバランスなんて良いかと
JUGEMテーマ:ファッション


ニューバランス学生のころこのモデルのパープル履いてました。
いい靴なんですけど、どうも履き口が大きくてデニムなんかと合わないんですね。

MC576の20周年記念ということでシルバーとゴールドが発売されました。
履き心地は変わらずスタイリッシュになったような気がします。

ウィズはDで見た感じはシルバーなのか少し細めに感じます。


ことしはウールのパンツなんかと合わせてみようかと。
スニーカーはトッズやヴィトンなどのスニーカーばかりはいてましたがスポーツメーカーも最近はデザインがきれい目なスタイルにも合わせることのできるデザインが多くなってきていますので使えそうです。
値段も安いですし。
トッズ1足で3足は買えそうです。

| ファッション | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソニアのショッピングマニュアル 2 (2)
JUGEMテーマ:ファッション


ソニアのショッピングマニュアル 1 新装版 (1)の続編。

ソニア パークが「この本を買わないと損をする」の意気込みで厳選した、究極のおしゃれアイテム100品。らしいです。

前本もなかなか面白くて続編も買ってしまいました。
「自分だったらコレは違うなぁ」と思いながら見てると結構面白いですね。
ジェラルドジェンタのファンタジーレトロ
自分だったらアランかとか、
アット・ア・グランスの手帳なら能率手帳(普及版)だなぁとか。

日本のプロダクツがほとんど紹介されていないのが寂しいですが、100選ぶときに自分にとってお気に入りで、読者にもなんとなくわかる商品を選ばなくてはいけないでしょうから、本当に好きなものはもっと他にあるのでしょう。


| ファッション | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
アルマーニのジャージ
ea
JUGEMテーマ:ファッション


ジャージが好き。
ナイキ、プーマ、アディダス・・・・
いろいろなスポーツメーカーからジャージが出ている。
ジャージを普段着にするようになったのはどのぐらい前だろうか?
10年ほど前にナイキのエアマックスが流行したころにビンテージデニムと同じくジャージも古着屋で結構見かけたものだ。
このころはアメカジが全盛でエレガントさのかけらも無かったわけで、今ではヨーロッパのブランドが毎シーズンジャージを出すようになった。

簡単に羽織れる物が良いし、デニムにも合うものが自分の中での条件だ。
そこで2年ほど前から愛用しているジャージはアルマーニのもの。

22というナンバーは・・・。
そうブラジル代表のカカの背番号なんですね。

カカはアルマーニの広告モデルもやっているのでその関係かアルマーニさんとも仲が良いようでこのナンバリングになっているようですね。
ことしはミズノとコラボ(あんまりこの言葉は好きではない)もあるようなので気になります。

| ファッション | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ソニアのショッピングマニュアル 1 新装版 (1)
JUGEMテーマ:ファッション


雑誌でスタイリストの私物とか編集者の私物など人が何を持っているかの特集が結構好きだ。
覗き見の趣味はないのだが、人の持ち物をいうものはその人の人となりを映し出すと思うからだ。
何を大切にして何にこだわっているのか。
「こんなもの」と人が思うものでもその人にとってはかけがえの無いものだったりする。

トップスタイリストのソニアパーク自身が本当に良いと思うものを101選んでそれにまつわるコラムが少し書かれている。
物を見ているだけでも面白い。

グローブトロッター、サンタマリアノヴェッラ、マルタンマルジェラ・・・。


紹介されているものの中で自分も持っているものがいくつかあったのでこんなものを見ると少し親近感も沸いてくる。
また「コレを買ったのは間違いじゃなかったんだ」とも確認させてくれる本でした。

ただひとつだけ。
中に紹介されているもので知らないものが無かったので、スタイリストと言えどもこんなものか・・・。とも思ってしまった。
「人が知らないけど実は・・・」なんて物を紹介してあると「おっ」と思うのだが。

| ファッション | 16:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
ブルックスブラザーズmeetsトムブラウン
blackfleece

JUGEMテーマ:ファッション


ツンツルテンのくるぶしが丸見えのタイトなパンツにハイウエストのタイトジャケット。
今もっとも注目されているデザイナー(だと思う。)
トムフォードが出てきたときの様子になんだか似ています。

ブルックスブラザーズで『ブラックフリース』を手がけて、ハリーウィンストンとはメンズジュエリーをデザインしています。

スーツは「文明の異物」と言っている人もいます。
確かに機能的では無いですし、着ていてリラックスができるとも思えません。
しかし残るものには意味があるわけで、これからも100年ぐらいは形を変えて残っていくもののひとつなのでしょう。

そこでトム・ブラウンがディレクションする話題の「ブラックフリース」のシャツを購入してみました。

感想。

生地:100双ぐらいなのでしょうか地厚のオックスフォード。ごわごわ感があります。明らかにイタリアメイドの生地と違い良く言えばいかにもアメリカントラディショナルな肌触りです。アメカジが流行したころ買ったラルフローレンのBDシャツを思い出します。
私はシャツの下にはTシャツなどのインナーを着ません。この生地感は乳首がすれて痛くなりそうです。
家庭用の洗濯機ではびくともしなそうな生地で耐久性を思うとコストパフォーマンスはよさそうです。

縫製:それほどよくありません。良く見ると糸が「ぴょーん」と飛び出しています。
ただこの辺はいかにもアメリカ的なのでしょう。ハンドや縫製を売りにするイタリア製のシャツとはまた違うものなのだと思わされます。

パターン:これがこのブランドの売りなんだと思います。本家のブルックス・ブラザーズのシャツに比べてかなりタイト(と言うほどではないが細身)なパターンで、アメカジを今の時代に解釈したシャツなんだと思わせます。
トム・ブラウンのシャツをまだ手にしていないのでなんとも言えませんがウエストが細身で袖も少し細め、行き過ぎではなく、今のスタイルにはちょうど良いパターンなのではないかと思います。

値段:¥22,000ぐらい?忘れてしまいましたがたしかこのぐらいです。
軒並み値上がりしているヨーロッパのシャツに比べてデリバリーが決まる昨年のレートから考えてもドルが比較的ユーロなどに比べては安いのでこの程度の値段設定ができていると思いますが、フライやルイジボレリなどに比べると明らかにコストパフォーマンスはよさそうです。

昨年まではイタリア製の上質な素材のきれい目シャツをデニムなんかとという感じが気分だった人も今年は少しアメリカ的なヘビーデューティーさが少し気になるなんて人には入り口にちょうど良いブランドなのではないでしょうか。

お店には他にも今年流行しそうなラウンドカラーのオックスフォードのシャツやクレリックのダブルカフスのシャツなどもそろっていましたのでこちらも気になりますね。
| ファッション | 13:02 | comments(0) | trackbacks(1) |
グルーミンググッズ
プラウド

プラウドメン全種類はコチラから

男性化粧品は香りがおっさんくさかったり、安っぽいものしかなかったのであまり日本のブランド(ドラッグストアに売っているような)のものは買わなかったのですけど、ちょっといいもの見つけました。

一番初めは「フットケアスプレー」(写真左上)これ、使えます。
足のにおいが気になる夏。
特に革靴を一日中履いていると足も汗を大量にかきますね。
朝出勤前に「シュッ」としておけば、いい香り。
靴下の上からでも良いとのことで、会社にも置いておけますね。

小さなスプレーは衣類用。
スーツをすぐにクリーニングに出す人いますが、石油系の溶剤でドライすると、必ず生地が傷みます。
ランチで油もの食べたときのあの臭いはいただけないので、これをシュツシュッとやれば臭いも取れます。(ファブリーズです。要は。)
手前の物はふき取り化粧水です。
ギャッツビーなんかのドラッグストアで売っているものは臭いが嫌いで使いたくなかったのですけど汗かいたままというのも嫌なので無理無理使っていましたがコレで解決しました。

私のいけないとこは気にいるとすべてそろえようとしてしまうとこでしょうか。
典型的なM2層の購買行動です
| ファッション | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
JMウェストン
jmweston

ミシェルペリーデザインのストレートチップ

JMウェストンとは学生時代からの付き合いで、ローファー(定番のやつ)を2足もってました。

それからミシェルペリーがデザインチームに入るようになって2足目です。

まえはJ3(ジェトロワ)を購入。
ゴルフのソールと同じなので雨の日用です。
かなりごつい感じがしていたので、最近のスタイルとはあわないですね。
一生ものとは思いますが合わせるスタイルと違うものは結局何年も眠ることになります。

先日香港に行ったときにIFCモールというショッピングセンターに入っていること知っていたので行ってみました。

さすがウェストン。サイズ豊富でぴったりのものを購入。
最近サイズを測るヤツ(なんていうか知らない)で計ってくれる靴屋多いですけど結局合ってない靴持ってきます。
時間の無駄。


ちょうどストレートチップ持ってなかったし、1足は無いとね。


そのときにグラッサージュ(靴磨きね)もしてもらい帰国。


履き心地はというと良く反る反る。
マッケイのような製法(なんとかという製法忘れました。マッケイとは違うみたいです。でもマッケイだと思う。)

グットイヤーより履き心地はいいので結構気に入ってます。


| ファッション | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
TOD'Sのドライビングシューズ
tods

使っているひとはわかるでしょうが、ドライビングシューズで運転すると長距離なんかは本当に疲れが違います。


革靴なんかで長距離って結構きついですよね。


ドライビングシューズというとやはりTOD'S(トッズ)ということで。
機能性もさることながら、スタイリッシュ。

実はコレ、レディース。

| ファッション | 22:18 | comments(0) | trackbacks(2) |
スーツ用のブラシ
ブラシの平野

ブラシの平野xバセットウォーカー




いくら高いスーツを買ったり造ったりしても日ごろのメンテを怠ると価値半減ですね。
それに物にも愛着がわきません。


2年ほど前にバセットウォーカーで買ったものですけど¥10,000以上したと思います。



日本のブラシを作る技術は世界でも有数で、シャネルやMACなどの化粧ブラシも日本でOEMしているのは有名な話ですね。



このブラシは何が高級かはわかりませんが確かに¥2、000ぐらいのものと比べると毛の肌触りや密度が違うと思いますし、横から見るときれいに均一なんです。


毛の量も他のブラシに比べて多いかと思います。

出張でも持って行きたいところですが・・・。






結論。



スーツ用のブラシはよいものをひとつ。


バセットウォーカーはこういったものも力いれてそろえているので洋服に対する哲学が感じ取れる好きなショップのひとつです。
| ファッション | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ PROFILE

文部科学省所管
生涯学習開発財団認定コーチ
+ OTHERS
My Yahoo!に追加





あわせて読みたい





僕の好きなワインたち








フィードメーター - View-point

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ