View-point

毎日の仕事のことや氣づきを。 ファッションのことも少し。
<< プロ脳のつくり方 | main | 日経アソシエのライフハック特集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
負けるが勝ち!
■誤りを認めることの効用

誤りを認める。これは大変勇気がいること。
しかし、誤りを認めて、自己批判すると見えてくるものがある。

大体の人間は自分が間違えたときには自己の防衛本能が働いて、言い訳をしたく
なる。

■自分が悪いと思ったときは相手にやり込められる前に自分で自分をやり込めて
おいたほうがはるかに楽だ。

■ある日お客さまから商品が不良だとの電話がお店にあった。

「こんな不良品をお前の店はいつも売っているのか!」電話の向こうでは激高し
ている。

こんなときあなたならどうしますか?

答えは一通りお客様の意見を聞いた後、心から謝罪する。それも何度も何度も。

「私どもの不注意でそのような商品をお客様に売ってしまい、本当に申し訳ござ
いませんでした。」

「そのような不良品をお店に並べること自体本当に恥ずかしいことです。」

「いや、まぁ分かってくれればいいよ。」

こう何度も自分が悪いことをお客様に伝えていると不思議とお客様もこちらにク
レームをいえなくなってしまう。

世の中の人は大体の人が心のよい人だ(とわたしは思っている)

■もし自分に誤りがあったと自分で知ったときには、相手が言うことを先に言っ
てしまおう。
そうすれば相手は自分に対して何も言えなくなってしまう。
おおよその場合、相手は自分に対して寛大になってくれて自分の誤りを心から許
してくれるようになる。

■わかった上で自己批判することはなんだか満足な気持ちになる。
そして既に問題を客観的に見ているのでその問題に対して最上の解決策を見出す
ことが出来るようになる。

■よく考えてみると自分が間違っていることは驚くほど多い。

「負けるが勝ちだ!」
| view-point | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |









http://view-point.jugem.jp/trackback/102
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ PROFILE

文部科学省所管
生涯学習開発財団認定コーチ
+ OTHERS
My Yahoo!に追加





あわせて読みたい





僕の好きなワインたち








フィードメーター - View-point

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ