View-point

毎日の仕事のことや氣づきを。 ファッションのことも少し。
<< 整理と整頓 | main | ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
知的生産の技術 (岩波新書)
評価:
梅棹 忠夫
岩波書店
Amazonおすすめ度:
JUGEMテーマ:読書


題名からして「ぐっ」とくる本だ。

中身はというと実は初版1969年。

仕事術のはしりのような本のようです。


誰かの本を読んで紹介してあったのがきっかけ(誰かわすれた)で読んでみました。



1969年ということで、パソコンはないし、携帯電話もない。
内容はというとメモの取り方、ノートのとり方、ファイリングのしかた、読書の仕方、タイプライター(古っ)、文章術などである。

中にはすでに古びたものが多いのだが、何年たっても基本はいかに楽に簡単にということだろうか。
これは今も昔も変わらない。
なぜなら人間に与えられた時間は平等に24時間だ。
ただし使える時間は人それぞれに委ねられている。
少しでも楽に簡単に仕事をこなして余った時間をさらに仕事に投資するのか、余暇を楽しみ人生を豊かにするのかは本人次第。

仕事術うんぬんよりもこういった知的生産にたいしての考え方を考えさせらる本であった。
| 読んだ本 | 23:41 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - |
トラックバックを戴きありがとうございました!

誰もが平等に与えられた24時間という1日の時間を
いかに有効活用していくか。

知的生産ということについて根本を
捉えている本だと感じさせられました。


| さわろっく | 2008/02/13 10:18 AM |










http://view-point.jugem.jp/trackback/143
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ PROFILE

文部科学省所管
生涯学習開発財団認定コーチ
+ OTHERS
My Yahoo!に追加





あわせて読みたい





僕の好きなワインたち








フィードメーター - View-point

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ