View-point

毎日の仕事のことや氣づきを。 ファッションのことも少し。
<< 銀銀!久しぶりにニューバランスなんて良いかと | main | はじめての課長の教科書 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
職位が高いのと人間的に成熟していることの勘違い
先日ある会社の取締役をなさっている方とお話をしたときに、やたらとお説教してくる人がいました。

特に年配の方に多いのですが、自分よりはお年を召されているので人間に深みがあるのはわかるのですが、?なことがありました。

会社でも<上司=部下よりも人間的に成熟している>と勘違いしている人を良く見かけます。

部下をしかる際に、「人間として成長して欲しい。」からと叱る人がいますが、本来、会社で上司が部下の人間性も直す必要があるのでしょうか?

叱ってその人の人間性をただす場合は前提として、部下と上司の間に人間的な信頼関係が必要です。
コレが無いと叱られた本人は納得することはできませんし、聞く耳を持つことはありません。(聞いている態度は見せるかもしれませんが・・・。)

また、さらにこの勘違いが度を過ぎるとパワーハラスメントにもなりかねません。

本来しつけは親兄弟が行なうものであって、「たまたま同じ会社に入社しただけ」の人がやるべきではないのです。

| つれずれ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |









http://view-point.jugem.jp/trackback/161
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ PROFILE

文部科学省所管
生涯学習開発財団認定コーチ
+ OTHERS
My Yahoo!に追加





あわせて読みたい





僕の好きなワインたち








フィードメーター - View-point

無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ